元、赤いスペード・黒のハート
※政治の話題は現在扱っておりません。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マスコミへの敗北宣言
おしらせ これから、政治についての話題は更新しません。

ランキングにも参加してます


疑う力 記事より
ぼくのWeblog 様のサイトの記事

他人の気持ちになってみろ、と「思いやり」を持ち出してルールを守らせようとする人間は、卑怯だ。
という記事を偶然見つけた。

なにかひっかかるものを感じました。
ので一年以上前の記事ですが、トラックバックをしたいと思います。

他人の気持ちになってみろ、と「思いやり」を持ち出して


ん?他人の気持ちになってみる=思いやり?
他人の気持ちに、なってみる

ピーマン好きですか?わたしは好きです、あなたはきらい?いいんです
わたしの好きはあなたの好きとずれてるですか?いいんです
言葉もあなたもあなた以外も好きになればいいんじゃないの?
ため息ひとつ、また逃げたしあわせは今日も見知らぬあなたへ、分割ばらい


 伝達進行 情熱倉庫 様 より引用

もちろん、思いやりの基準が違って当たり前
あなたの好きも私の好きも違うのですから
私の思いやりは、誰かの迷惑かもしれない。
それが

「思いやり」を持ち出してルールを守らせようとする人間は、卑怯だ。


につながってるのに違和感を感じます。
思いやりがルールに繋がる?ルールというより規範
社会規範とか自然法あたりを押し付けられたくない、といったことでしょうか?

小学生のとき、好きな言葉を「自由」なんて書くと、自由っていうのはね、自分勝手とは違うんだ、それは責任をともなうものなんだよと言ってくる先生が必ずいたと思うが、自由と自分勝手とは違う、と子供を諌める大人は、自由が集団にもたらす大変化を恐れ、保身をはかっているにすぎないのである。



自由と勝手は違う、
自由とは、他者の意志にではなく、自己自身の意志に従って行為することとして捉えることができる。
そこに意志がある。
自分勝手とは、やりたい放題な態度、生き方
であってそこに
意志も自覚も無い。私はそう思います。

まとめ、意思無き自由は自由の奴隷
それはただの自分勝手でしょう。


責任とは、本来は「人は自分の負うべき責任のみを負い、他人の責任まで負うことはない」
であって、集団に対する変化や責任を追及されません。

もちろん言葉の解釈の自由はあります。

人を信じているわけでもないのに、他人の気持ちになってみろ、と「思いやり」を持ち出してルールを守らせようとする人間は、卑怯だと思う。



人は、疑うことができる自由を持ってると思います。
いつでも自由に疑い合える、だからこそ信じられる。私はそう思います。

疑うことさえ禁止される社会なんて窮屈です。

思いやりなんて、人それぞれ重なる部分は合っても同じでありえるはずが無い。
もちろん、共通する部分は社会規範と多く重なるでしょう。
でもルールとは呼べない。

ここでいう社会規範ってのは、互いに迷惑かけない住み方であって
強制されるものじゃなく、話し合い譲り合いできるものですよ?

長くなってしまいましたが、情けない大人を許してやってください。



紹介記事、
“新しいウィンドウで開く”が不便な方へ
見た目は変わっても中身は変わらない、ふしぎ!


マスコミへの敗北宣言
おしらせ これから、政治についての話題は更新しません。

ランキングにも参加してます


テーマ:ヒトリゴト - ジャンル:小説・文学

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yukainareveres.blog21.fc2.com/tb.php/74-96fe8448
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
Watch the latest videos on YouTube.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。