元、赤いスペード・黒のハート
※政治の話題は現在扱っておりません。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マスコミへの敗北宣言
おしらせ これから、政治についての話題は更新しません。

ランキングにも参加してます


ひさしぶりに武道・武術話を書くべき、というお告げなのか?
寒稽古という言葉を聞いたことはないだろうか?

武道・武術などの、行事の一つ

科学的には、あまりトレーニング効果は期待できない
他分野で考えるとわかりやすいと思います。


例えば吹奏楽で、
寒稽古、などは聞いたことない
、そもそも、管楽器は熱による音の変化を嫌うでしょうし
わざわざ、寒い場所では練習しないでしょう


しかし、武道・武術の世界では
寒稽古という鍛錬法がある


武道と、武術では、寒稽古の目的が微妙に違ってくる

武道とは、道
すなわち、人間としての成長を目的にしている

武術は、術
戦う、以外にも、逃げる、生き延びる
知恵の集合を、学びあう


寒稽古は、寒い時期、にわざわざ稽古する
武道的には
より、困難に打ち勝って、稽古をやり遂げることによる
精神力の向上を目的にしている

武術的には
寒い日も、暑い日も、非常事態は起こりうる
困難な状況でも、ベストコンディションでなくても
ある程度、実力をだすことができるように、という非常時の訓練になる


ただし、一般的な格闘技や、スポーツのトレーニングでは
寒稽古はオススメしない

スポーツや格闘技は
互いにベストコンディションで挑めるように
試合当日までに、効率的なトレーニングを求められる

わざわざ、筋肉の動きの悪くなる、寒い時期に
トレーニングをしても、効果はそれほど期待できない


朝練、にすら否定的なトレーナーもいます

というのも、集中力の働きにくい
起床間もない時間でのトレーニングは
トレーニング効果があまりない、からだそうです


寒稽古は
合理的ではないのですが、
意味なく、してるわけではないです。

この時期、いろんな武道で、寒稽古してます

これは、日本の
少林寺拳法、ですね
読売新聞さまのサイトへ


ここで、少林寺拳法について

日本の柔術の達人の孫として生まれた
宗道臣が開祖

宗教的な教えと、武道的な教育
相手を傷つけない武の技法、護身

武道団体というより、今は教育集団としての方が有名です。

技法もかなり、合理的に学べます
日本の柔術に影響を受けたように見える柔法
突き、蹴りなどの剛法
体の治療に応用できる整法

高段者に伝わる秘伝の点穴(ツボ)技法なんかも存在するとか

日本の武術の場合
突きと投げを同時に教わってたり
明確に分類されてない、部分が結構あります

日本刀の切る動作、
あれで、打撃、投げ、関節技
すべての鍛錬になってしまいます

が、鍛錬してる者が、使い方をしらない技もたくさんあります

中国(大陸系)武術の特徴の一つ
打撃、投げ、などを独立して学ぶことができるようになっている
学ぶ体系としては、かなり合理的です

日本の少林寺拳法も、中国武術の合理的な部分をかなり取り入れて
近代、の総合武術的な、体系にかなり近づいています

ただ、相手を叩きのめすことは、目的ではなく
争いに発展しないように、心身の向上を目的としているので

自由組み手などは少なく、実践的ではない、との批判もあります


拳を鍛える、などの鍛錬もしません
相手を、過剰に傷つける、鍛錬は否定しています

が、相対してしまった人が、格闘技、武道経験者の場合
攻撃手段をある程度鍛えていないと
制することが困難になってしまいます


武道・武術、
学ぶ体系も、思想も
かく団体、流派、それぞれの思想があります


補足

かなりマイナーな武術では
躰道、というのがあります

地に手をつけた状態からの蹴り
移動の運動エネルギーをそのまま技につなげる運足
体の回転やねじりを、打撃の方向につなげる技術

独特の体系、動けば即、武道

昭和40年代に、空手を元に生まれた武道です



関連記事
今日は文化の日!、あまり知られていませんが(主に剣道選手権感想)
銭形平次、ビギンズ、はじめます
巌流島の決闘のお話、たぶんこれが最後
おーけー、エロゲちっくなシナリオ、、海洋ロマン武道伝奇、に挑戦します
ガラスの靴は、はき心地が悪いのか?

マスコミへの敗北宣言
おしらせ これから、政治についての話題は更新しません。

ランキングにも参加してます


テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yukainareveres.blog21.fc2.com/tb.php/686-6eceb79f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
Watch the latest videos on YouTube.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。