元、赤いスペード・黒のハート
※政治の話題は現在扱っておりません。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マスコミへの敗北宣言
おしらせ これから、政治についての話題は更新しません。

ランキングにも参加してます


ノーリスクで、相手を死に至らしめ、かつ、凶器の所為にできるというのでしょうか?
未必の故意、とか、認識ある過失とか
そんな話になりませんか?


“こんにゃくゼリーで男児死亡”受け、販売禁止要請を検討…野田聖子氏
痛いニュース(ノ∀`) さまのサイトへ

凍ってるゼリーを凍ってると知ってて
なおかつ、ゼリーを喉に詰まらせる事故があることを知ってて

“こんなことで死ぬことは無い”と食べさせ
死亡させてしまった、このケース
認識ある過失じゃないですか?

さて、今回の恐ろしいところは、
野田聖子さんが、こんにゃくゼリーの状態を知っているであろうに
全面的にこんにゃくゼリーの所為であるかのごとく


どうしましょう、あらゆる事故を予見して、説明書つきじゃないと
お菓子も買えなくなりますよ?

駄菓子が、ウィンドウズの説明書並みに分厚くなったり
本場のアメリカンジョークですか?

車とかだと、電話帳サイズの説明書が必要でしょうね
そんなのは、失言の数だけにとどめといてください

そして、本題

人を殺す意思が無くても、結果的に殺人に繋がってしまうケースあります

その場合、凶器にこんにゃくゼリーを使えばいいわけです
裁判になっても、こんにゃくゼリーの商品的欠陥の所為です、と開き直ればいいと

大臣が、犯罪者に悪知恵を…、って話ですよ、、

なにか事件が起これば、規制すればいい
この考え方なら、日本からモノが無くなってしまいます

その前に、無能で短絡的な、議員を規制しろ

後記
今回のケースは、飲酒運転の殺人に似てると思います
飲酒運転中だと、相手を殺しても、言い訳できてました
殺人にならず、事故扱いで、刑罰も軽かった時代がありました

特定の方法を使うと、殺人にならないケース
今回のケースも
事故だったとしても、こんにゃくゼリーの所為ではないでしょうに

関連記事
特異な事例で、出したい結論を導く!テクニックですね
犯罪者は水を飲んでいる!水を規制しろ!
銃より怖い、人たち
タバコだけが悪いのですか

マスコミへの敗北宣言
おしらせ これから、政治についての話題は更新しません。

ランキングにも参加してます


テーマ:日記 - ジャンル:日記

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yukainareveres.blog21.fc2.com/tb.php/580-cc9a82b8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
Watch the latest videos on YouTube.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。