元、赤いスペード・黒のハート
※政治の話題は現在扱っておりません。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マスコミへの敗北宣言
おしらせ これから、政治についての話題は更新しません。

ランキングにも参加してます


子どもたちは白紙、まず中立的に接するべきだ
国立第二小学校事件
教育を正す 掲示板 様より

母さんによる百人会 様のサイトで紹介されていた
(迷惑メールでお困りのようです。困らせることが目的なのでしょうか?やめて欲しいです。)

事件の内容を見たとき、ああ、子どもたちを利用する手だな、と

ところで、、資料としては適切さに欠けます
会話のやりとり、ですが、誰が記録していたのでしょう

公的文書からの転載なのか、新聞からの引用なのか
と、私が見る目がないのか、出展がわからない

今回、事件については、保留、です


ですが、似たようなことは、小学校も含め、
子どもたちを、特定の思想家が洗脳することはあります

その手の人たちは、子どもたちに、意見を植え付け
自分の意見だと思わせる、
意見を否定されたら、人格を否定されたと勘違いする

幼い精神、経験の不測ゆえ、否定になれていない
感情的になり、集団心理も加わり、暴徒のように
なにも、受け付けなくなる、声が届かなくなる

子どもを盾にする、卑怯なやり方、私も何度も見てきました

自分たちの正義を妄信し、植え付けるバカ

ナリフリ構わない、思想漬け
教師が、生徒会活動にまぎれて
生徒に、政治活動させることも多々ある

高校生が!中学生が!小学生が!
~に手紙を送った、~活動をした
と新聞に載る場合

おそらく、バックに大人(責任をとらない)がいるでしょう
子どもの意見は否定できない
否定すると、悪役の出来上がり
喜ぶのは、子どもたちに吹き込んだ側

そして、吹き込んだ側は子どもたちの
自主性
とやらを盾に、操る、否定する者は悪だ、と

「悪いのはあっちだよねー、みんなそう思うよねー」
とか、みたく
周りを巻き込む、無関係な者を、関係者に替え
責任をとらない者

そんな人、結構いませんか?

都合の悪いことは見えない、都合よく解釈する
職務中に、公私の区別がつかない人
教師として、失格だ

責任取らない者、とろうとしない者
責任をナイモノと勝手に解釈し
やりたいほうだい、する人

大人とは、認めない

関連記事
反戦運動、という名の、戦争への加担
地球市民の末路は悲惨ですよ
子どもを利用するのはいつも、悪党
マスコミへの敗北宣言
おしらせ これから、政治についての話題は更新しません。

ランキングにも参加してます


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yukainareveres.blog21.fc2.com/tb.php/266-4f6975f8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
Watch the latest videos on YouTube.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。