元、赤いスペード・黒のハート
※政治の話題は現在扱っておりません。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マスコミへの敗北宣言
おしらせ これから、政治についての話題は更新しません。

ランキングにも参加してます


アナタの生は、死は、アナタのもの
なぜ、人を殺してはいけないの?

それを聞くと、おかしい人扱いされる

という、話を聞いたことはないでしょうか?

タブーなのです、そうあるべき、軽くない話

小さい子が、言ってる場合、おそらく、答えも問いも理解する前提の知識も経験もないでしょう。説明できることは限られているでしょう。説明は簡潔にしなければなりません

死とは何か、と、根本からの問いならば、やはりできる限り、問いかけに対する返答をしたい

倫理、道徳、法学、様々な禁止または、容認があります

時代や文化による、という人もいるでしょう

中には危険回避、正当防衛の例もあります

もちろん、タブー視する者もいるでしょう、それほどに深く、厄介な問題

不思議です、なぜ、この言葉が出ないのか

「誰かが、死ぬ時期を決めるのなんて、おかしいだろ」

本人が望む、安楽死、死は、迎えるもの
自殺は、追い詰められるもの
殺人は、押し付けられたもの

追い詰められた、場合、安楽死とは呼べない

死は、迎えるもので、ありたい
誰かから、押し付けられる
人の最後の権利、死

コレを、奪うのは、
人が、人に、与えるのは
人を外れている

追記
場合わけ、状況の思考実験はいくつでもできる
しかし、死といっても、様々
死とは何か?という問いに対して
死は一つではない、としか言えない
ただ、迎えるものであってほしい
納得のいく死などないかもしれないが
迎えるもの、であってほしい

関連記事
わかりやすく信仰は、察する文化を破壊した
死んだら何が残る
誰かのルールが、勝敗を決める
マスコミへの敗北宣言
おしらせ これから、政治についての話題は更新しません。

ランキングにも参加してます


テーマ:誰かへ伝える言葉 - ジャンル:小説・文学

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yukainareveres.blog21.fc2.com/tb.php/256-963a63f0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
Watch the latest videos on YouTube.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。