元、赤いスペード・黒のハート
※政治の話題は現在扱っておりません。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マスコミへの敗北宣言
おしらせ これから、政治についての話題は更新しません。

ランキングにも参加してます


権利、を疑って、責任を疑って
日本について考えるブログ 様のサイト
対話の欠如が序列を要求する

儒教的価値観が日本にはありますが
確かに、おっしゃるとおり、日本人は対話による意見の積み上げがヘタな人が多く感じる

“まあまあ、いいじゃないか、抑えて抑えて”

批判や、対立意見を聞いたことない人間は
異論=反抗、と捉えているのだろう

この序列、崩れて困ったことになった例があります
収入です

年功序列という制度が日本には慣習としてありました
この制度は、年が上なら、収入も上

こんなの理不尽、まったく働かない、タバコの煙製造しかしないヤツでも年上なだけでふんぞり返る
だから

日本は、実力主義にしましょう

そして、全体の、社員の年功関係なく、給料は下げられましたとさ

足を引っ張り合う、実力、主義ですね!

権利意識が低い(義務教育で教わらない)
だから、無知を利用される


利己の観点から日本人の特性を考えてるのですね
そうですね、利己というより保守だと思います

変わりたくない、という思い
今の関係を壊したくない、という
和の思想だと思います

和(場の空気といわれるもの)
空気は見えない、見えないけど、感情を読み取りつつ
ぶつかり合わないように

答えを探すことより、
“コトを荒立てない”
という思想

政治家の場合は、幼稚な利己主義で片付けることができますが
むしろ、賛成派・反対派の利権を死守するという、利己主義からのものです、むしろ保身主義?

この思想も、悪いことばかりじゃないです
この思想があるから、日本は、
人のためにつくる、ニーズを的確に捉える職人文化が栄えました(今は‥)

多くの宗教が、対立で、紛争を起こさないのも日本の和の思想が大きいでしょう
日本は文化的、ガラパゴスとでもいいましょうか

保守=変わりたくない
保身=自分の利益が損なわれるのはイヤだから、変わらないで!
和の思想=喧嘩の元になりそうなのは、やんわり排除、排除も喧嘩にならないように、やんわり

えりざべすさんのブログで、ジェンダーについて取り上げられているので、ついでに

実は、男性は、労働に関しては損もたっぷりしてます

労働現場の矛盾
男性の過労死は増えました、女性が社会進出したはずなのに‥

今、過労死するほどの仕事を男性が受け持ってますが
現代の女性、覚悟はありますか?

責任と権利、バランスとれてますか?

労働問題なんて考えずに
社会進出したいと言ってる人、多いんじゃないでしょうか?

ジェンダー論は、どうしても女性側の意見が多くなりがちなので
男性にも積極的に、発言して欲しいなと思ってたりします

結婚は1億円の無駄遣い 
「究極」「至高」のコピペ【゚∀゚】 様のサイトへ

男女の恋愛・結婚比較
アンチフェミナチ~男女関連情報局~ 様のサイトへ

離婚の慰謝料で退職金がなくなった話
夫婦で支えあったとみなされますが、
殺人幇助が殺人と同罪でないように

支えは、補助でしかないのですが‥
あと

鉄道模型を捨ててから、夫の様子がおかしい
アルファルファモザイク 様のサイトへ

30歳過ぎて「アニメ、アニメ」ってどうよ?
痛いニュース(ノ∀`) 様のサイトへ

女性が趣味を奪い、夫が退職する頃に
離婚で慰謝料取られる話
逆は、あまり聞きません

関連記事
ジンケン大好き
義務と権利
モラル公害(造語)
赤スペ(略)もたまには総集編
マスコミへの敗北宣言
おしらせ これから、政治についての話題は更新しません。

ランキングにも参加してます


テーマ:∑(゜□゜;;)ナニー!! - ジャンル:ブログ

コメント
この記事へのコメント
トラックバックをかけていただいてありがとうございます.「日本について...」の管理をしているえりざべすです.私もこちらのブログには時よりおじゃましておりました.私には全く真似のできない独特の切り口でずばっと世の中の矛盾をつく記事は,非常に魅力的ですね.これからもよろしくお願いします.

「序列」というと,日本人でも悪い意味合いにとらえがちですが,私も実際は必要なものなのだろう,という気がしています.実力社会のような何でも欧米化の弊害なのでしょう.日本には本当の意味での民主主義も資本主義経済も根付いていないわけですから.(いや,これらシステムの最も有用な部分は享受していない,というか...苦笑)

男女間の問題に関してはいろいろと人により捉え方が違い,難しいですね.私としては女性は全く社会進出可能になっていないと思っています.家庭にも社会にも居場所がなくなっているどっちつかずの状態で,日本の有史以来最も悲惨な状況なのでは,とさえ思います.おしなべ男性のほうが社会に参加してお金を稼ぐことになるので,ご指摘のような諸問題が必然的に生じてしまうのでしょう.男が悪い,女が悪い,とかいう問題ではなく,極めて複合的でしょう.日本社会がかかえる病のようなものですね.

私のよくない癖は,こうやってごちゃごちゃ書いてしまうところです.どうもすみません...
2008/02/06(水) 22:48:53 | URL | えりざべす #m5Dxg7h6[ 編集]
日本について、私も、たくさん考えたいです
 こちらこそ、急にトラックバックしまって、驚かれたことと思います。以前コメントいただいた、えりざべすさんですよね?
 私のブログは批判ばかりです。日本について考えるブログ様は、文化比較の視点が面白く、楽しみに閲覧させていただいております。

 合理的・論理的思考には、物事の序列をつけ、優先事項を整理する手法もあります。
 が、日本は談合資本主義‥。団塊の世代が大量退職と同時に、企業や国の癒着やコネが薄くなれば、少しは開けた社会になるかも‥。自信がありません。
 競争しない資本主義、利己主義的な組織票が勝つ民主主義が根強い日本。無気力の学習(ナニをしても無駄と諦める心理、心理学用語)を日本全体が覆っているような、閉塞感があります。
 実力主義も、評価方法の透明性が保たれてない、密室会議なので、理不尽な評価が横行してますから。

 そうですね、ジェンダー論って難しいです。女性の権利意識の例として、http://alfalfa.livedoor.biz/archives/51216433.html
アルファモザイク様より
と、このような話があり、権利を主張することを教わる女性と、権利を主張することを女々しい(漢字が‥)と文化的に役割期待される男性では、男性の意見が少なくなりがちです。
 どっちが悪いというのではなく、お互いに自由な議論ができればいいのですが、議論の土壌が出来上がっていないので難しいのでしょう。

 女性が社会に進出することについては、よく耳にする話ですが、労働問題に真剣に取り組んでらっしゃる方を、組合や政治活動以外で、中々お見受けしません。
 社会の中身(問題)も知らずに進出したら、既存の社会集団がカバーすることになるので、男性の方に負担かかるんじゃ?と思うのです。背負うものは共に背負わなきゃ。女性の社会進出と共に、犠牲になる男性が増えるのでしたら、あまりよろしくないのです。残業、力仕事、営業、は男性多め、事務は女性多めと、なりがちです。仕事量は違っても、お給料は同じですので、男性の不満は多いのでは?と思います。あと、男性の方も、会社以外での居場所があるとは‥、会社があるだけマシですが。

 病巣は深刻です。社会の構成要素は多岐に渡ります。社会問題の構成要素も多岐に絡んでますから。でも、諦めたりしたくない。

えりざべすさん、これからも、楽しみにしてます。
長文、すみません‥
2008/02/06(水) 23:37:33 | URL | 管理人です #-[ 編集]
私は,たびたび「赤いスペード・黒のハート」様のブログには足を運んでいたのですが...

自分が以前にコメントした記憶を吹っ飛ばすという大失態を犯してしまいました.全くもってどうもすみません...最近,頭の中がちょっと...汗

ジェンダーは難しいですね.まさに本質的コメントをいただきありがとうございます.数値的平等を追う傾向が日本にはあり,あれは本当に大きな問題だと思います.そういうことをやるより,適材適所,お互いにお互いの特性をよく理解し合い,お互いにより豊かになるにはどうすればいいか,ということを考えなければならないのですが...対話がだめでは...(ため息...)

というわけで,これからもよろしくお願いします.
2008/02/07(木) 02:12:50 | URL | えりざべす #m5Dxg7h6[ 編集]
難しい、ですね
 約一ヶ月前、そんな前から読んでいただいていた、というのが、うれしはずかしです。ありがとうございます!

 悪い意味での~らしさ、ステレオタイプの自覚と、意思による克服と尊重が進めば、ジェンダーも含め、日本の議論の土壌も少しはよくなると、思うのですが。

 悪しき平等・平均主義、そして、出る杭は打たれる‥。労働者の声が届かない現状、労働者を換えの部品“歯車”としか見てない人々も、多い。個性がつぶされ、性差もつぶされ、声は届かず、本当にイヤになります。

ブログは、情報交換の手段としても楽しいですね。
こちらこそ、よろしくお願いします。
2008/02/07(木) 02:38:08 | URL | 管理人です #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yukainareveres.blog21.fc2.com/tb.php/224-078ef1b0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
Watch the latest videos on YouTube.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。