元、赤いスペード・黒のハート
※政治の話題は現在扱っておりません。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マスコミへの敗北宣言
おしらせ これから、政治についての話題は更新しません。

ランキングにも参加してます


平等が、個性を殺す?
これからの複数の記事を書きます
記事は
御 -おおむ-
様のブログに、私が、書き込みさせていただいた内容を元に作ります
コメントの使用を認めていただいてありがとうございます。


日本では、平等、がもてはやされています。教育ではどうでしょう。
日本では、エリート教育は否定されますが、塾は黙認。
生徒さんの個性に合わせた教育を求める、という考えもあります。

 詰め込みはいけないといっても、フランスなんかはエリート教育に力をいれてます。フランスは憲法で平等という言葉がありますが、教育は、個性を殺さないための平等です。平等で一律というのは、個性を殺しかねません。

フランスの話ですが、政府が主導で、エリートを養成し、飛行機や新幹線?の開発してます。
日本には、資源といえるものは、水ぐらいです。水をビジネスに!といっても、その視点がないので、日本国以外の人が先にビジネスにしちゃう予感。早くしないと、日本の水は奪われちゃうです。

資源がない国が生き残る方法?
窮屈な、21世紀、でも‥
に、引用しましたが、日本は今までがんばってきました。

日本はエリート教育は否定気味、もしくは国民が望まない風土のような気がします。
そのためか、教育環境の整いやすい、経済的に豊かな人が、エリートに居座り続ける傾向がある気がします。

詰め込みであろうと、覚えることは悪いことばかりじゃないのです。
 国語の時間に習ったことも十分に役立つのです、教え方にもよるでしょうが。
“扇の的の余市さん”の話なんか、“当時のカリスマに、名誉の全てを託された男が、プレッシャーに打ち勝ちながら試練を乗り越える話”。スイミーなんかも正攻法で戦えないなら知恵を使え、と解釈でき、詰め込みを昇華できたなら有用だともいえます。生きる力というより、ヒントと希望として。

エリート以外はどうするんだって?
どうしましょう

統計学では、有意水準5%は切り離して、考えます

データの、中心から外れているモノを、いったん切り離すのです
優れている、劣っているに関わらず、上下あわせて、一般的に5%は、切り離して考える

教育制度から、零れ落ちた者は、成績の劣っているものだけではないのです

教師の能力が低いから、塾が必要なのではありません、に続く
関連記事
生きる技術、助け合う技術
受験はただの悪者じゃない、よりよいクソだ

関連記事(想像力・妄想力)
銭形平次、ビギンズ、はじめます
巌流島の決闘のお話、たぶんこれが最後

マスコミへの敗北宣言
おしらせ これから、政治についての話題は更新しません。

ランキングにも参加してます


テーマ:ことば - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yukainareveres.blog21.fc2.com/tb.php/205-893f2e7f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
Watch the latest videos on YouTube.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。