FC2ブログ
元、赤いスペード・黒のハート
※政治の話題は現在扱っておりません。
職人さんの恐ろしさにふるえるがいい、ふははは
メソポタミアの遺跡にその痕跡は見つかった


指先一つで、

天と地を動かし

空間、質量などの変化を
演繹的に求める、

技術が必要な面
視覚的に、処理の工程を意識化しやすい
という長所を備える

世界各地に、類似の文化があり
アステカ、古代中国
もちろん、日本でも、盛んであった

現在は、使用者が少ないが
その技術自体は、上級者になれば
高度な演算能力をもたらすため、
教育として取り入れている者もいる。


なんのこっちゃいな?



そろばんですよ。

SOROBAN!!

天(上の珠)地(下の珠)
を動かして

数量を扱う、
計算過程を視覚化する道具ですよ?

世界各地で
とうもろこしの芯や、紐なんかで作られてますよ。


日本では、昔は
読み書きそろばん、とか言って
教養の一つでしたよ

昔の事務員さんは、電卓ができるまでそろばん必須ですよ

そろばんと電卓がくっついてるのもありましたよ

そろばん電卓

昔は必須教科だったのに
今は、盛んじゃない、

私は、使い方すらほとんど知らないですが

熟練者は、かなり高速に暗算できるようになるそうですね?


そろばん。

職人さんの動画を見つけました




なにがどうなってるかわからない。

そろばんは使うのも、作るのも
すばらしい技術が必要なのです。

マスコミへの敗北宣言
おしらせ これから、政治についての話題は更新しません。

ランキングにも参加してます


テーマ:(´・ω・`) - ジャンル:日記

寿司と餃子がメリーゴーランドな関係
メリーゴーランド

それは、
遊園地でもっとも銃撃戦が行われる場所。

お約束ですね。

さて、世の中には


「まるでウィーンのChinese Restaurantという店名の回転すしでタイ料理を頼むような」

137 :名無し@アガリドゾー(゚∀゚)ノ旦:2005/06/22(水) 22:39:33 ID:4rFmdT7P
昔オーストリアのウィーンにこんな店があった。

看板には漢字で「回転寿司」と書いている。
同じ看板に「Chinese Restaurant」とも書いてあった。
その見せの名は「Siam」。サイアム、つまりシャム。
すなわち現在のタイ王国の旧国名だ。

同一の看板に3カ国の国籍が・・・。
いったいどんな料理なのか話の種に店へ入ってみた。
そこでは回転寿司のコンベアーに寿司とヤムチャの
せいろと、そして甘辛く炒めたタイ料理の小皿が
回っていた。看板に偽りのない優良店だった。。。




ぎゃーーっす、食べ物ネタなのに。
より引用

回らないマックとか、
回る寿司だとか

まあ、回ることに意味を求めたくなるものです。


餃子の 王将 八幡店には回転寿司がある

ちなみに
 回転鍋

回転焼肉

回転朝食

なんてのもあるとか

日本の技術怖い!
なんでも回転させてしまう発想が怖い!

回転先進国として

これは
回転防止策を講じなければ

しまいにゃ地球も回ってしまうぞ!!


マスコミへの敗北宣言
おしらせ これから、政治についての話題は更新しません。

ランキングにも参加してます


テーマ:ウオオオオォォォォオ(`Д´)オォォォォォ!!! - ジャンル:日記

Watch the latest videos on YouTube.com