元、赤いスペード・黒のハート
※政治の話題は現在扱っておりません。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マスコミへの敗北宣言
おしらせ これから、政治についての話題は更新しません。

ランキングにも参加してます


巌流島のなぞ、なぜに負けたといわれる小次郎の流派の名前なのか?①
巌流島の決闘、
小説や映画、さまざまな創作でテーマにされます

巌流島は、現在の山口県にあります
くりふじさんの情報によると
近くのパーキングでは、武蔵定食とかがあるとか
 人間万事塞翁が馬な趣味Blog さまのサイトへ

主人公、二人
宮本武蔵玄信(はるのぶ)さん
佐々木(巌流)小次郎さん
を詳しく

・武蔵さん

今回は、まず、武蔵さん
父は新免無二さん、十手の達人
十手は、丸い鉄の棒に鈎がついてます

刀は、正面から打ち合えば、刃こぼれしてしまうのですが
十手は、どの面から打っても、効果あります
兜の上から叩いても、恐ろしい威力です
そんな父に育てられて、もう英才教育

武蔵さん、創作によってはあまり実力がないとされています
勝つためには、手段を選ばない、というイメージもあります
というのも、武蔵さんは、勝負のときに、素手・木刀・刀、使い分けてます

そのために、勝つためには、相手の弱点をつく、というイメージになったのでしょう
ですが、時代的に考えて、兵法は、色々知ってなきゃ生き残れない時代に生まれてます
戦国時代が終わり、安土桃山時代
から江戸に入る、中間あたり

戦国時代とかは、なんでも使うのが当たり前だったのです、
ちょっと時代遅れですが
槍使いに「まった、剣で勝負してくれ!」
とか、言えないのです

剣術が、独立して学ばれるようになったのは
江戸中期の居合いが流行る頃からです
(街中で、急に襲われたときの護身術が居合い、最初から両者が刀を抜いて始まる決闘は立ち合い)

その後、竹刀と安全な防具による、剣道が流行るのですが
道場としては、剣・柔・槍、他を、ばらばらに門下に教えたほうが
経営面で有利などの事情で(または、西洋の学問のように、専門分化するべき、という思想)
剣士は、剣で戦わなければ卑怯、というイメージに繋がったと思います

が、私は個人的に、武蔵さんを
とりあえず、勝負したい!オラ強えヤツらと勝負してえだ!
な、少年漫画の主人公のようなタイプであったと思います

・生きる戦いから、武芸者へ

少年時代は生きるために仕方なく戦ったのでしょう
卑怯なこともしてます(ガキに武器使うのか!と挑発して、自分は武器を使う)

ですが、もし、勝つために策を練るタイプならば
なぜ、鉄砲を使わないのでしょう?
60回以上も、命をかけて戦う必要はなかったはずです

鎖鎌の達人、武蔵と戦ったという
宍戸梅軒にいたっては創作の可能性もあります
イメージは、かなり作られてます

敵に襲われる、と恐れて、風呂に入らなかった
たぶん、これもウソです
関ヶ原の闘いを、生き抜いた人です
不衛生が、体に、悪い影響を与える、
そんなこと、経験則で、学んでいるでしょう
(戦国時代には、井戸に糞尿を入れて飲み水にダメージを与えるとか、熱した糞尿をかけるとか、ありました。汚いだけでなく、傷口や飲み水から、雑菌が入ると、感染症の恐れがある。)

戦い、は当時の武芸者のコミュニケーションといってもいいです
戦国が終わり、武芸者より、学者肌な人がどんどん出世していく
そんな中で、己の武術を高めた兵法者は、
せっかくの努力も、発揮する場所はなく
どうにか、自己表現の場を求めたでしょう

もっとも、憧れなのは、藩の剣術指南役
給料・名誉、そして得意技で、生きていける
でも、すべての兵法者に、その道があったわけでなく

当時は、テレビもなく、本もたくさんあったとはいえない
体験、伝聞、が情報のすべて、といってもいいほどに
情報に飢えていた、特に、武芸者は、
ライバルたちがどんなに強いのか、どんな技を使うのか、見てみたい

例え、命がかかっても
互いの、了解の下、全力を出したい

試合とは、試しあい、互いの命を、技を試しあう


そして、武蔵が生み出した兵法(刀限定ではないです)
二天一流、これ、すごいです
(ちなみに武蔵さんは、円明流という一刀剣術も伝えてます)

東南アジア(エスクリマ・カリスティック)や、中国の武器術、沖縄の唐手(空手の名前が使われ始めたのは昭和に入ってから)
二つの武器を同時使用する武器術は、
同じ長さの武器を、同時に使い、手数と変化の組み合わせで戦います

変化や組み合わせが違いますが、根本的に同じ武器を両手でそれぞれ使う、共通点があります

たとえば、日本にも天道流という流派には二刀の技もありますが
太刀と小太刀(脇太刀を使う流派もある)同じ刀を使う術で少ないです
(稀に、小太刀二刀流がある)
また、稀に、小太刀を投げつける流派もある


・二天一流とは?

二天一流とは、片手での剣の操作を修める術
馬に乗って、手綱を持ち、あいた手で刀を使う
日本刀の反りは、馬上からの片手きりに対応するために生まれた
片手で使うことも修練するのが、本道である

腰にある、刀は二本
二本をとって、扱うが、同じ長さでない、
ならば、役割は違う

槍は、長いから、突いたり、払ったりが有利
上から叩きつけるのは、4メートル以上の槍で、何人もの味方が横に並んだ状態でしか使わないです
だが、懐に入られると不利

刀を二本持っても、短い刀で切りつける間合いでは、長い刀は扱い辛い
同じく、長い刀で戦う間合いは、短い刀で戦えない
二つの異なる性質を、一つの目的に用いる

二つの天、昼と夜、まったく異なる天(そら)を
一つにする、二天一流は、ただ、大小の刀で戦うものではない

天は、変わる、曇り晴れ、さまざまに
短いから、守りと決まらない
長いから、攻撃と決まっていない
だが、どのような変化をしても、一つに使いうる

この剣理を、導き出したのは、おそらく
世界唯一のものであると思います
ですが、武蔵さんは、実践で二刀は、
多人数を相手にする時以外は、不利と、残してるとか

おそらく、足元を何らかの方法で崩されたときに、
二刀では、受身を取りづらいからであると思います

ちなみに、日本剣術は、手数では他国の剣術に不利です
というのも、日本刀は切れすぎる、一撃で致命傷になりうる

しかも結構、重いので、そう何度も振れない
一撃をもらうわけにはいかないので、慎重に、最初の一撃を出さなきゃいけない

その分、見切りや、間合い、攻撃以外の攻めの技術が発展しました


この性質を利用したのが、佐々木小次郎さんです、、
(長すぎ、、またいつか書きます)

巌流島の決闘のお話、たぶんこれが最後

関連記事?
赤と、火星と、戦神
七夕ですねー

マスコミへの敗北宣言
おしらせ これから、政治についての話題は更新しません。

ランキングにも参加してます


スポンサーサイト

テーマ:誰かに伝えたくなる、話。(*´ー`) - ジャンル:小説・文学

突風に大雨に、今、大変です
鳥人間コンテストで突風 撤去中、3人軽傷
47NEWS 共同通信さまのサイトへ

ということで、鳥人間コンテストのステージ撤去中に突風です
これが、昨日
他にも、突風の被害がひどいです

今日は、大雨の被害がひどいです

特に注意したいのが、雷と洪水です

局所的な集中豪雨は
洪水というか、鉄砲水が怖いです

下流で、あまり雨が降ってなくても
川の上流で、急にたくさんの雨が降れば
雨が河川に流れ出し、下流へ勢いよく流れ

川の水流は、土や石を巻き込んで、大変危険です

夏は入道雲、天候の急変が起こりやすいので
皆様、お気をつけください

マスコミへの敗北宣言
おしらせ これから、政治についての話題は更新しません。

ランキングにも参加してます


テーマ:日記 - ジャンル:日記

休むとは何か??
これは、どのカテゴリなのかと悩んでしまいましたが


まず、休むってなんでしょう?
休む、イメージで言うと、
やっぱりベットでごろ寝状態でしょうか?

小休止だと、椅子とか?

確か、怪我をしたマウスに
それぞれ安静と運動をさせると
運動してるマウスのほうが、治りが早いそうです

怪我や病気の度合いにもよりますが
できるだけ動かないと、体が余計に弱ってしまう

安静は重病のとき意外は避けておいたほうが無難です

ストレッチやウォーキングなど軽い運動はいいです

夏前バテの管理人は、ちょい動いてみたりしてます
皆様も、夏は怖いです
しっかり、動いたり、食べたり、水分とって
元気に過ごしてください

マスコミへの敗北宣言
おしらせ これから、政治についての話題は更新しません。

ランキングにも参加してます


テーマ:思ったこと・感じたこと - ジャンル:日記

Watch the latest videos on YouTube.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。